ひまわりについて

プロフィールとこのブログで伝えたいこと

はじめまして、ひまわりです。

私は現在、DRMダイレクトレスポンスマーケティングをはじめとするWEBマーケティングで個人が収入を得るための考え方や、ノウハウ、仕組み作りに関する情報をお届けしています。

このブログでは「自分に自信をつけてなりたい自分になる」をコンセプトに

お金を稼ぐには何をすればいいのか

収入の自動化とは

ネットに資産を作るなど

将来の幸せにつながる働き方について伝えていきます。

ここでは私の略歴、ブログを通してあなたに伝えたいことを書いていきたいと思っています。

 

1,ブログ運営者ひまわりの自己紹介

私は2年間の勉強を経てナレーターになりましたが、

ナレーターを収入の主な柱にすることをやめようと思ったのは下

積み1年目のことです。

それからバイトに行って学費を返しながらも、個人で収入を得て自立したくてビジネスを始めました。

ビジネスを勉強し始めて1ヶ月で1万5千円を得ることに成功し、学んで実践することでお金を稼ぐという経験をしました。

1−2略歴

氏名 ひまわり
生年月日 1995年(平成7年)5月11日
出身地 東京
好きな言葉 努力は夢中に勝てない
好きなことや人 ・機能的でシンプルなもの
・手仕事の温もりのあるもの
・上記二つをネットサーフィンで徹底的にリサーチすること
・雨の前の空気の匂い
・枝のシルエット
・雨降りの窓の水滴
・美術館
・お茶
・温泉
・民藝品
・自分の芯を持った人
・本を読むこと
嫌いなことや人 ・満員電車
・うるさいところ
・生のトマト
・頑固で人の意見を聞かない人
・食事のマナーが悪い人
・店員に横柄な態度をとる人
・人の悪口を言って不満ばかり口にする人

 

 

2.WEBを用いた情報発信で収入を得ることで、あなたに自信をつけてなりたい自分になってもらいます。

私の経歴を伝えさせていただいた上でここからはこのブログであなたに伝えたいことを書いていきたいと思います。

このブログでは

自由に使える時間

自由に使えるお金

の両方を増やすことで

あなたに自信をつけてなりたい自分になって欲しい

その為の最適な手段として、ブログやメルマガを用いて収入を得てもらうための方法をお伝えしていきます。

これは決して叶わない夢なのでしょうか?

「努力は必ずしも報われるわけではない」という理不尽なこの社会では、諦めていいことなのでしょうか?

たった1度の人生に自分に自信がなく、なりたい自分にもなれない、お金もない、生活するのも精一杯、将来に不安を抱え続ける人生でいいのか?

私は変わりたいと思いました。

変わる努力をし続けて自分を好きになりたいと思いました。

「なりたい自分」は叶える為にあるんです。

自分の力で「なりたい自分になる」

それは自信につながります。

一つのことが続けられず、完璧主義で、理想と現実のギャップに自分なんかダメなんだと思い。ひたすら自分の心を虐待する。そんな自分に嫌気がさしました。

「こんな自分とはおさらばして、なりたい自分になっていこう。」

という思いが溢れてきました。

そして、自分の力で得た知識でお金を稼げるようになり、なりたい自分になっていている今、たくさんのなりたい自分になれていないあなたにも、

『自信をつけて、なりたい自分になってほしい』という想いを強く持つようになりました。

3.将来の幸せにつながる働き方を知ってほしい

「自信をつけてなりたい自分になっていく」という想いから私自身、DRMダイレクトレスポンスマーケティングをはじめとするWEBマーケティングを使ったネットビジネスに取り組みました。

でも最初からこの方法にたどり着いたわけではありません。

自信をつける為に色々な働き方や経験を試しました。

バイト一つでもカフェ、コールセンター、個人経営のバル、
友達の役者仲間に誘われてネットワークビジネスをやろうとしたり。

職種を変えて雇用条件をよくしても、今はいいけど10年先も大丈夫と思えたことはなく、結局その場しのぎにしかなりませんでした。

自分のやっていることが何の確証もなく必ずしも将来の幸せにつながるわけではないと。

今、夢を追いかけている人。

転職や副業を考えているあなたによーく考えてほしいです。

今目指していることは自分のなりたい自分につながっていますか?

将来の幸せにつながるものでしょうか?

私がDRMダイレクトレスポンスマーケティングをはじめとするWEBマーケティングを始めたのはこの方法が

・将来の幸せにつながる未来ある働き方

・自分が頑張ったらその分だけリターンがあるというとてもシンプルな結果主義の世界

だったからです。

自分の心と体を豊かにする

住む場所

人間関係

食事

やりたいこと

などあらゆるものの選択肢が増えて、なりたい自分に自信を持って進んでいくことかできました。

何より将来への不安がなくなり、自分のこれからが楽しみになりました。

要するに
「これをやれば未来の自分が変わるかも」と思うことをやってほしいです。

時間は限りがあります。将来の幸せにつながることを、少しでも早く始めた方がいいと思います。

4.私がなりたかった自分

私は昔からいろんなモノやコトに興味を持ち、なりたい自分が沢山あります

私がなりたかった自分とは?

・自分の心と体を豊かにするものに囲まれて生活する自分

・家族や大切な人が困っているときに時間やお金の心配をせずに駆けつけて話を聞き解決策を提示してあげられる自分

・興味を持ったことをとことん極める自分

・努力が報われる世界でスキルを習得して自信をつけていく自分

・自分の力で稼ぎ、自立していく

・自分の心と体を豊かにするものに囲まれて生活する自分

・家族や大切な人が困っているときに時間やお金の心配をせずに駆けつけて話を聞き解決策を提示してあげられる自分

・興味を持ったことをとことん極める自分

・努力が報われる世界でスキルを習得して自信をつけていく自分

・自分の力で稼ぎ、自立していく

などなど沢山あります。

今これが1つずつ実現していっています。

自分でお金を稼ぐ力を身につけることで、誰でも「なりたい自分」になれます。

その為には

・自己コントロールのスキルを身につけて目標

を着実に達成し続けるという成功体験の積み重ね

・失敗に関する正しい考え方

が不可欠だと考えています。

そして人は

お金
時間

の4つの自由度を自身の力で上げていったときに
自信がつき、なりたい自分になることができるんです。

なぜならこの4つは密接に関わっているからです。

というのも、

お金はあるが時間がない。→
お金を自分の力で稼いでいることで自信はあるが、
仕事に忙殺させて心と体も健康ではない。
心に余裕がないので人に優しく接することが難しい。
お金を使う時間も好きなことをして心を満たすこともできない

時間はあるが、お金がない。→
自分の好きなことをするお金はないし、食べていくのでやっと。心も体も満たされない。

これが4つが密接に関わっているということです。

お金と時間どちらか一方だけでは、やりたいことをやってなりたい自分になることはできないんですよね。

だからこそ、このブログでは
私の経験を交えた

本当の意味で時間とお金を増やす方法

ブログやメルマガを用いるDRMの手法を用いて収入を得るやり方

心と体を豊かにしていく方法を書いていきます。

そして私がこの活動をする上で私の過去を共有しておくとより理解が深まると思うのでよかったら読んでみてください。

ひまわりの過去の物語です

5−1.両親以外の大人に囲まれて育った幼少期

両親が六本木でバーを営んでいたこともあり、生後3ヶ月でバーカウンターの一角にいました。

常連さんにオムツを替えてもらい、抱っこしてもらい、肩車してもらい、時にはお客さんのご飯も食べさせてもらっていました。

この影響で以来酒のつまみが異常に好きになります。昆布や酒盗、チャンジャやエイヒレetc.…

この年代の子供が食べるもんじゃない笑

その時の武勇伝は
3歳の時に六本木の交差点を
赤になりそうで間に合わず常連さんに三輪車ごと担がれて横断

でしょうか!

今考えるとすごい3歳だなと思います。ビジュアルが本当にシュール

酒を飲み交わす大人の話に耳を傾けたり、酔ってテンションマックスな常連さんに全力で遊んでもらったりそんな風にして幼少期を過ごしました。

5−2.物作りと読書に夢中!時々孤独

大人の中で揉まれた経験もあり、物分かりの良い賢い風な自分を演出し、何かとリーダーシップを発揮している子供でした。

写生大会で人生初めてのゾーン(極限に集中して一瞬で終わった)を経験しました。

その時のことは今でも覚えていて、2時間が3分ぐらいに感じたんだ。

その作品で、大きな賞を貰うことができた私は、ものを作ることにもハマり、夢中で図工の時間を過ごしました。

あの時は次はどんなもの作るのかな?と楽しみで仕方なかった。

1、2年生の頃はお店に遊びに行っていました。

3、4年生になり、学童に通うようになると正式に鍵っ子デビューをして夜は母が仕事から帰ってくるまで一人で自宅で過ごしました。

その時の私は今までにないくらいの一人の時間を過ごして孤独でなんで私は生まれたんだろう?と自分を責めていました。

あの頃は寂しかったなぁ

そんな中でも徐々に一人時間にも慣れた私はテレビっ子で、本好き特にファンタジーが好きだった。当時3ちゃんが好きでよく見ていました。
天てれとかおじゃる丸とか忍たま乱太郎とか!!

土日は祖父母の家に!
よく地域のコミニティールームに行って私一人が子供で沢山のおじいちゃんおばあちゃんに囲まれて遊んだり。ここでおばあちゃんとおじいちゃん好きになりました。

高学年になると中学から美術を学べる私立があることを母から聞き、中学受験を決意!塾に通い始めました。

そこでは完全な文系。算数は皆無。足して2で割って平均の極端さ

苦手な算数に向き合って、なんとか合格。雪の積もる日の合格発表でした。

あの時は自分の受験番号浮かび上がって見えたんだ!

5−3.周りはみんな自分よりも絵が上手くて個性的!
かけがえのない仲間と出会って駆け抜けた中学時代。

忘れもしない最初の朝礼。

ライブ状態の盛り上がりで、異様な空間で個性的な先輩、先生のテンションに戸惑ったのをよく覚えています。

思わずまだ会ったばかりの隣の子と目を見合わせたもんね!

そんな学校に来る子たちは当然個性的で自分より絵が数倍うまい!心が荒れました。

そして最も私を悩ませたのは通学!この前まで小学生だった自分が電車とバスを3回乗り継ぎ、約1時間半かけて満員電車で登校することはかなりのストレスになりました。

加えて痴漢にあい、ターゲットになった私は、電車に乗るとお腹が痛くなるように泣

そのせいもあってか毎日遅刻していたんだ!
というか初日も遅刻してた気がする

あとは目立ちたがりなところがあったからなのかクラス委員やリーダーに立候補!

辛い時もありましたがなんとか学校生活に慣れた私は、親友が夢中になっている姿に憧れて演劇部に入りました。学校で1、2を争う厳しさに慄きながらも夢中で駆け抜けました。

クラスでは美術系にありがちなオタクも一定数いたため、私も勧められるうちに色々な分野を広く浅くみる、オールラウンダーに!みんなロッカーに漫画を入れていて漫画喫茶状態でした。

勉強しろ!

こんな感じの学生生活を送り、付属の高校に進学します。

5−4.人間関係と自分の理想と現実のギャップに振り回される高校時代

外部の子たちが入ってきて周りの子たちの人間関係が複雑化して高校時代がスタートしました。

そして高2で生徒会長になります。

おそらく過去最高に成績の悪く、素行のよろしくない生徒会長であったと思っています。

一応先生にはらしく振舞うものの、授業中に漫画読んだり、教科書とノートそもそも机の上に置かなかったり、禁止されていたバイトをガンガンしたり。

一応弁明しておくとバイトをしていたことは、美術系はお金がかかるので学費以外の画材費や昼食代はせめて自分が払おうと思ったことも一因にあります。

そのバイトはファミレスを選びました。親に相談して一番基礎的なことが学べて、その後どんな仕事を選んでも役に立つと言われたからです。

でもめちゃ大変だった!あの頃は社員も厳しく、ピークで混雑する中オロオロする私はとにかくイラつかれて、時にはゲタがないからと熱い鉄板を勢いよく私に向かってカウ

ンターを滑られたり、マジで邪魔だから辞めたら?と言われたり。

家に帰ると泣きながら日々頭の中で社員さんを殺してました。

そこでやめなかったのは辞めて「やっぱあの子やめたね笑」と言われるのが死ぬほど悔しかったから!

その一点に尽きます。

まあ後から言われたことですが優しい先輩にもその時の私はフロアで立ち尽くしたり、アワアワしていたり、ちょっとおかしい子と思われていたらしく…

うーん、言葉選ぶ必要はあったかもだけど言われる私ではあったか?ととりあえず無理矢理自分を納得させてみる。うん

学校では忙殺されるほどの忙しさで、授業の合間の5分休みに机にいることは少なかった。

生徒会の仕事したり、学科と美術の課題したり。そのくせバイトを入れて…

下手すると1年間全く休みの日がなかった気がします。
今考えると吐き気がする。

あの時を思い出すとなんでも頑張れるな

そんな日々をぎちぎちに過ごしていた私は当然余裕というものはなくて
正義感満々のウザいキャラだったと思います。

そのころは余裕がなさすぎて気づかなかったんですが、
一部の子にハブられたり、無視されたり、今考えるといじめられてたのかな?

と思える経験がちらほら

生徒会長がいじめられられるってどんなキャラだよ!

その頃の私は、
理想は語るが実現できないことが多く、自分に自信なんてなかった。周囲にはらしく振舞ってさらに自己嫌悪というスパイラルに。

会長生活で最もその後の人生を決める出来事が!

会長引退の挨拶をその場で言うことを決め、ノーカンぺで2千人のさいたまスーパーアリーナに臨む。

いやすごいな自分!顧問の先生には適当に書いた原稿用紙を渡しました。

もともと人の前でスピーチして「思いを人に伝える」ということは好きで、周囲からも上手いねと認識されているほどでしたが、この経験で人に思いそ伝える仕事がしたいと思う →ドキュメンタリー好き!→ナレーターやりたい。

と思えるようになりました。

他大学への進学は学力的に厳しかったのでそのまま進学しました。

5−5.自分の才能は分かっていたから2年間だけ物作りする

すでに自分には作品を作る才能はないと思って逃げていた為、

とりあえず高卒はやめよう、大学は出とこ

という親に申し訳ない思考でいました。

卒業後に、声の専門学校に通おうとなんとなく考えていたので4大ではなく短大に進学し、
専攻はテキスタイル。

テキってなんぞやと思う方

要するに

布系のファブリックのデザインや制作、いろんな素材を使って自分を表現する。こことですかね!!

具体的にはひたすら鶴の恩返しのように機織りして布を織ったり、染めたりしていました。

5−6.行動しているものの結果が出ない社会人時代

とりあえず高い学費払ってもらって中高大出させてもらったあとは自分でなんとかしようと。

バイトしながらナレーションの学校に通い始めました。

その後やっていくうちにナレーションをするには表現力をもっとつけたいと思い、大手の芸能事務所が経営している養成所のオーディションを受け、無事合格して入所。

色々行動してやっているのにいまいち自分の身になってないなと漠然と思って過ごしていました。

そんなこんなで時間が過ぎ、ナレーション専門の卒業オーディションで受かった事務所に所属します。

舞台やCMオーディションに何回かいくも、落ちて自分が否定され続ける日々を過ごします。

そんな中

何か自分を変えることはできないかと探っていたところネットビジネスに出会いました。

一度仕組みを作れば働かなくても安定的に稼げて自立できる。

仕組みは学んでいくと自動で人を育てて雇うことも出来る。

仕組みに働いてもらって、余った時間で自分の本当にやりたいことができる。

行動することが出来るようになるから自分に自信がつき、充実した毎日を送れる。

なんじゃこりゃ?え?と普通の人なら怪しいと感じて尻込みしてしまうこともあるかもなのですが、

私はリアルで結果を出している人に出会える機会があったのでその人を質問攻めにしました。

そして、仕組みの作り方を知った上で色々なことで応用できるなと思いました。

その時、父が経営している飲食店の集客が問題になっていたこともあり、これ使ったら解決できるんじゃない?

と思い、速攻ビジネスセミナーとコンサルを申し込みました。

そしてpcも購入。この時点で学費のローンを払っていたにも関わらず70万の借金

ファーお!!な気分ですね!

そんな大枚を叩いた私は猛烈に行動し始め…全てが変わりました。

…と言いたいところですが、長年やっていることから逃げてきた私はそう簡単に変われませんでした。

お金をかけてやらねばと思ってやってみるも、できない自分に落胆。その後毎日作業できない日々が続き…

それでもやっていたところは成功している音声を聞く!ことでしょうか!

ここだけは褒めてあげたい

そうすると思考も変わってきました。

自分に期待し過ぎ。人間やったことがないことは何度も繰り返してやっと身につく。
行動して得られる自分の未来に期待しよう!と…

そして何をやってもできないと思っていた私は再び立ち上がります。

それからの私は、
お金より時間が大事!
バイトの時間無駄だな!勉強しながらお金がもらえる環境にしよう!
バイトやめてマーケティングが実戦で学べる環境に!

それ以外の時間はひたすらインプットとアウトプット

今も気分が落ち込んでしまうこともありますが、学んだおかげですぐに立て直し、行動できるようになりました。

5−7.自分の原点、夢中になれるものを思い出せた。

最初は何もかもうまくいかなくて、何で私こんななんだろ?

あの人やあの人みたいに自分の力を使って人の役に立ちたい!と思っては自分の現状に落胆して一歩も動けないこと。壁があっても違う方向に逃げたことを繰り返していました。

でもビジネスに出会って。

少しずつ自分に自信がついてくることがわかりました。

私は、最初から知識に投資していたことと、運が良く素敵な出会いができたおかげでこのビジネスモデルにたどり着きましたが、

リアルな世界でも無理矢理に売りつける訪問販売の詐欺や結婚詐欺があるのと同じように、ネットの世界にも1クリックで簡単に稼げる!などと人を惑わす人も確かに存在し

ているということ。

こんな素敵な世界を間違った手法を広めることでいろんな人が敬遠して成長する一歩を遠のかせてしまっていること

悔しさを通り越して悲しくなります。

お金を稼ぐ=お金を頂くということは誰かが必死に稼いだお金を頂くということ

そんな簡単なことではありません。
大事なお金に見合った価値を提供する必要があります。

難しいと思われる方もいるかもしれません。でも、確実にお金をいただけるようになる方法があります。
それは

確かな情報を学ぶこと
学びながら行動すること
失敗や成功を振り返ること

そしてこれを

続けること

当たり前なことを言っているかもしれません。

でもこれだけなんです。
世の中には努力が報われなかったり理不尽なことがいっぱいあります。

でもビジネスの世界では正しい情報を学び、正しい努力をすれば報われるんです。

そして1番は回り道をしたけど自分の原点に気づけたことでしょうか!

美術やナレーション、演技を学んで、色々回り道をしました。

ですが、ビジネスを始めるために自分の過去や好きなものを掘り返す作業で、自分が夢中になっていた自分の原点を発見することができました。

私の原点はモノづくりです。

思いを込めて物を作る人
思いを汲み取って物を売る人

それを色々な人に伝えて役に立ちたい。

自分も好きな物に囲まれて過ごしたい。

今はネットビジネスで稼ぐ力、マーケティングで物を売る力を身につけてこの技術をモノづくりの世界に持っていきたいと考えています。

努力は夢中に勝てない。

私の発信がきっかけで自分の原点をみつけ夢中に楽しく働く人が増えてくれればと思っています。